相続税を正しく、そして上手に払うには

相続税とは人の死亡に起因して財産を相続する際に課せられる税金のことを指します。税金の対象となる財産とは、原則として全ての財産、つまり、不動産、現金、預金、死亡保険金などですが、相続した財産全てに税金が課せられるわけではありません。まず、相続した財産から葬儀、墓地、仏壇などにかかった費用を差し引きます。そしてもし国や地方の公益団体に寄付した場合はその金額も差し引きます。更に受け取った死亡保険金のうち、法定相続人の人数と500万円をかけた金額を差し引きます。残った金額が課税対象となるわけです。また、相続税の負担を軽くするために、死亡する前に財産を贈与しておくということも可能です。


医療・医薬分野のビジネス翻訳は【BONDS International】

排水廻りの清掃や厨房機器などの清掃を格安でやってくれるところはありませんか?

【東京】社会人サークル 飲み会や婚活パーティーに参加されたい方はこちらまで

大豆本来のうまさが引き出されていて、飲みやすくて美味しいです☆

結婚相談の大阪のお店